<< 武蔵野美術大学校友会大阪支部 2014年 忘年会   | main | 2015年度デッサン会の報告 >>
2015.04.10 Friday

吉野和紙体験と工房体験

0
                               武蔵野美術大学校友会大阪支部 事務局 岸野フサヨ
     
      3月29日(日)バスを貸し切り、吉野和紙体験と工房体験に行ってきました。参加者は、奈良支部会員の方が4名参加してくださったのをはじめ、大阪支部会員の家族や知人など総勢23名で、賑やかな体験学習会を実施することができました。
     天気は生憎の雨模様でしたが、早朝にかかわらず京都や奈良方面からも参加していただき定刻より早く出発することができました。
     途中の道の駅で休憩し買い物、福西和紙本舗へ早めに到着しました。福西和紙本舗では10年前にも同じ体験会を実施しましたのでリピーターも数名おられまし た。ここでは紙漉きについての説明と吉野和紙の歴史のことを聞いた後、ハガキか半紙サイズを選択して、一人ずつ紙漉き体験をしました。その後、和紙の購入 希望者は、さくらやアケビなど自然の素材で染められた和紙を手にとって、それぞれ気にいったものを購入していました。


      楽しみの昼食会は、乾杯の後、和気藹々とした雰囲気でお弁当に舌鼓を打ちました。
      午後からは辰田製作所で箸作りを体験。結局、雨のためにスケッチは諦めて、全員が箸作りを体験することになりました。箸を研磨して、コテで焼き付け、それ ぞれ思いのデコレーションを楽しみました。童心に戻ったかのようにみなさんが無心で取り組まれていたのが印象的でした。帰りの行程に入ったところで、雨が やみ、明日香村で石舞台と高松塚古墳を見学し、しっとりとした新緑の美しい公園を歩き、語り合いながら交友を深めることができました。高松塚壁画館では、石室壁画の模写の展示や古墳内部が再現されていました。装飾古墳の紹介では時間を忘れて、みなさんは釘づけになっていました。


     帰阪の時刻を大幅に遅れてしまいましたが、盛りだくさんのスケジュールをこなすことができて、みなさんに堪能していただけたと思います。新しい発見もたく さんあり、新緑の美しい景色や雨上がりの水墨画のような山並みなど、都会では目にできない風景が一杯ありました。みなさんは、気持ちをリフレッシュでき て、明日からの制作の糧というお土産ものをたくさん持ち帰られたのではないでしょうか。そして交友を深めることもでき、とても有意義な体験会でした。
     
    Calendar
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>
    Selected Entries
    Categories
    Links
    Profile
    Search this site.
    Archives
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    無料ブログ作成サービス JUGEM